札幌市西区の完全個別指導・インターネット授業を行う進学塾です。

ネット授業・通塾 小学生・中学生・高校生 対象 サクセス進学塾

ネット授業・通塾 小学生・中学生・高校生 対象 サクセス進学塾
お問い合わせ 011-676-5061
        

2020/05/10

志望校は、成績で決めるのではなく自分の希望を優先。

誰もが自分の希望の学校に進学したいが、成績が合格ラインより低く受験すらできない受験生が沢山います。

志望校受験を断念した場合、現在の成績で合格可能性の高い学校に変更するしかありません。希望していない学校に通学するため気持ちを切り替えるのが難しい受験生もいるでしょう。

学校は学力テスト、模擬試験の結果で一喜一憂しますので進路相談で生徒への話の内容が、二転三転する場合がよくあります。それで保護者、生徒も困惑しています。

 

実際に学校の三者面談で志望校決定時に、最初から希望している学校の受験を諦めるような話をされ生徒本人は、第一希望校で受験したい。どうしたらよいか?

それで、私に相談に来られる保護者、生徒が毎年複数おられます。私は学力テスト、模擬試験は参考にしますが、合格可能性の評価だけでの進路相談はしません。

 

 では、どうするのか?

それは、受験までの残り日数、近年の倍率、学力テスト、模擬試験の不正解の原因などのデータから残り日数での授業プログラムを、作成し結論をだすのです。

 

この方法が、効果がある証拠に学校で受験生が、志望校変更を指示された受験生達をことごとく合格させています。

 しかし、この方法は入塾期間が短期間ですと非常に困難になります。例えば、受験まで残り2~3ヶ月程度しかない時期に入塾してきた場合は、その受験生のデータが学力テスト、模擬試験しかありません。

 

 更に受験判断を困難にする条件が以下のような場合です。

◆志望校の合格ラインよりかなり点数が、かなり不足しているのに受験を強行しようとする場合。

◆私の作成した合格プログラムの授業時間数の授業を行わない場合。この条件には2通りあり、私がその授業時間数の空きがない。もう一つは、受験生が合格プログラムの時間数を行わない。

◆受験生が、受け身の授業に慣れてしまい指示されないと学習しない。

 

これらの悪条件の中でも合格させていますが、手遅れにならないうちに早い時期から基礎学習を徹底し不得意科目を解消し、応用力を強化し受験対策をすべきです。

 

高校受験の場合、定期テストの成績が良く内申点が合格ラインをクリアーしていても入試の点数の比率が高いのですから学力テストで、合格ラインの点数を上回っていないと志望校変更を学校から指示されます。

 

そうならないように(希望する学校に合格するために)、自分の希望する学校を早めに決め成績が上がらない塾なら早めに切り替え、成績による一喜一憂する進路指導を回避するため、成績の上がる受験対策の実績がある塾に早く変えることです。

 

それが、自分の希望する学校を受験し、合格する方法です。

 

★無料体験授業、カウンセリング実施中です。(予約要)

 

 

 

 

 

 

上に戻る